ダイビングのブーツとウエイトの選び方

沖縄でダイビングを継続して行うのであればそれなりの機材を揃える必要が出てきます。レンタルでも良いのですが、やはり使い慣れた道具・機材の方が安心感があります。ダイビングをサポートする機材にはブーツやウエイトといったものがあります。

まずブーツですが、フィンとのセットで考えるべきものになります。大きく分けてストラップ用とフルフット用があり、ソールの厚さが異なります。ストラップ用のブーツはソールが厚く、地面がゴツゴツして転倒すると危険な場所を歩いても平気ですし、寒い気候の場所では足元を温かく保つことができます。一方でフルフット用はソールが薄いので、地面が滑らかなところを歩くのに向いています。ファスナーが付いているモノもあり、これがあるとブーツの着脱が容易になります。ブーツを選ぶ時のコツは、サイズをよく確かめることです。サイズが合わなくてキツすぎると履くのが大変ですし、緩すぎればブーツがブカブカしてしまい、いくら強く蹴っても力がフィンに伝わらなくなってしまいます。フルフットのフィンを履く人は裸足のままの人が多いですが、足首がフィンとこすれて擦りむけてしまうというケースもあります。そういった場合はやはりフルフット用のブーツを履いた方が良いでしょう。

またダイビングで沈降する時に欠かせない道具がウエイトです。ウエイトは身体やBCの浮力に対抗するための重りで、通常はベルトと一体になっていますが、中には足首につけるタイプもあります。ダイビングにおいて中性浮力は大切ですが、適正ウエイトは体重、タンクの素材、スーツの重量によって変わってきます。適正ウエイトをはじき出す計算式があるので、まずはウエイトをベルトとしてつけてみて、実際に海面に垂直の姿勢で浮かび、どの程度まで身体が浮くかをチェックすると良いでしょう。顔のあたりまで身体が沈めば、適正ウエイトをつけていることになります。ウエイトは重すぎても軽すぎてもいけないので、慎重に選ぶことが大事です。