神秘性のある沖縄ダイビングスポットの西表島

絶滅危惧種の貴重な生物、イリオモテヤマネコが存在することでも有名な沖縄の西表島は、ダイビングスポットとしての人気も高い島です。そのアクセスのしにくさも影響してか、自然豊かな沖縄のダイビングスポットの中でも特別と言われる西表の自然は、都会ではけしてみることのできない風景を、惜しむことなく見せてくれます。

そんな西表島を指して、神秘的な島と評するダイバーは少なくありません。日本にあって、どこか違う世界に迷い込んでしまったような感覚すら覚えさせる島の魅力は、数々のダイビングスポットを巡ってきたベテランダイバーの経験をもってしても、特別と評させるほどのものです。

海岸沿いに生息する小さな魚たちや、こんもりと広がるサンゴ礁を経て、果てしなく広がるその海にはマグロのような大きな生き物まで、海をぎゅっと凝縮しているがごとく多種多様な生命が集まります。単純に潜ることを楽しんでもよし、生き物との触れ合いを求めてもよし、即席のカメラマンとなって溢れる海の宝石たちを写真に収めてもよしと、感動だけではなくエキサイティングなイベントも提供する西表島は、非常にサービス精神豊かです。

見る所が多いからこそ、短い滞在期間で訪れるにはもったいないエリアだとも言われます。西表島を旅行の日程に組み込むなら、沖縄旅行のメインに据えるぐらいで丁度よいかもしれません。